治療中心から予防中心へ(予防歯科)

残存歯数の相違を調べ言葉に交代させると、「虫歯になってから歯医者へ行った」のか「虫歯に冒されないために歯医者へ行った」のか、の違いだということが解っています。

では、どのようにすれば歯をそのままにすることができるのか?

その答えが歯科医院で1~2ヶ月に1回の割合で、期日を決めて予防歯科検診を受けることなのです。

欧米では、治療そのものではなく、この予防歯科診療に重点を置いたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。インプラントの結果は、担当歯科医の技術力がもろに出るものです。できるだけ多くの症例写真のある歯科医院で、その実態を確認してから治療に入ることが大切です。心置きなく歯科治療をしてもらうためには、前もって歯科医師とじっくりと意思疎通することです。疑問点などがあったらどんどん質問して解決させましょう。

日本でもメンテナンス受けた方と受けなかった方とでは80歳で約9本もの差がついているのです。
これまでお話したとおりメンテナンスはすごく大事なことが分かります。

予防歯科をそろそろ始めませんか?

入れ歯になりたくなければ、お口の中の期日を決めて診査・掃除をする必要が見られます。
80%以上の人が歯科先進国スウェーデンやアメリカでは普段からお口のメンテナンスを肝に銘じています。台東区歯科で「BEST!」と評判の歯科医院を探しているなら、東京都台東区の歯科医院を網羅している台東区歯科専門ポータルサイトで決まり。BESTな歯科医院の概略から詳細情報まで一気に確認できます。

更に“入れ歯”はすごく非現実的なことと認められています。
だけども日本人は、約2%程度の人しかメンテナンスを肝に銘じていないそうです。

予防ブログラム

歯磨きの相談

患者さん独自ににあった歯磨きやり方、よく合った歯ブラシの提案をさせていただきます。
・適切な磨き方で虫歯予防
・歯磨き
・ダイアグノデントを使用した虫歯の検査

調べたい歯にレーザーを放射し、虫歯の大きさを数値で表すことができます。
この数値を見て治療してもらうか、予防で経過確認をするか見分けることができます。

・虫歯の把握効果
・ダイアグノデント
・歯周病の検査

歯周病や歯肉炎の進み具合を検査し、治療の必要性の有無を判別します。

・歯周病、歯肉炎の把握効果
・歯肉構内の超音波洗浄

歯周ポケット内に入り込んでいるプラークやバイオフィルムを超音波の機械を使用して排除します。

・歯周病、歯肉炎の予防効果
・歯の着色の除去(ジェットクリーニング)

専門の機械でタバコのヤニや茶渋などの頑固な汚れを取り除き、光沢のある元々の歯面に復旧します。

・歯の色の復旧効果
・ジェットクリーニング
・歯石の除去

歯磨きでは取り切れない歯石を超音波スケーラー、エアスケーラーで取り除き、口臭や歯周病の予防をします。

・口臭、歯周病予防効果

歯科衛生士が在宅医療において要求されるのは、始めに口のなかをきっちりと清掃することです。患者さんの口内が汚れている状態だと、菌が増殖した歯のカスそのものを飲み下すかもしれません。
歯周組織の再生に、エムドゲインはすごく効力を持つ治し方なのですが、悔しいことに、満点の再生作用を手にするとも言い切れません。
歯周病やむし歯が酷くなってから歯科に出かける方が、ほとんどだと思いますが、病気予防しにかかりつけの歯医者に診察してもらうのが実を言うと理想の姿でしょう。
虫歯を防止するには、通常の歯磨きに偏重していては難航し、要点は痛い虫歯の引き金となる原因菌の排除と、虫歯の病態の進行を防ぎ止めるという2つの留意点だとはっきり言えます。
診療用の機材という物のハード面は、いまの高齢化社会から要望される、自宅を訪問する歯科診療の責任を果たす事ができる基準に来ているということが言えるでしょう。

やっかいなプラークが溜まる前に、毎日歯石の対策を行う事が、最も重要なポイントになります。歯垢の付きやすい所は、よく歯磨きする事が更に重要になります。
仮歯が入ると、外見がナチュラルで、食事や会話など日常生活にも悩みません。更に仮歯があることによって、処置途中の歯がダメージを受けたり、歯列が乱れたりする事がありません。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張を改善し、ずれてしまった顎関節の奥の方を正常化させるリハビリを取り入れたり、顎関節の動作を円滑にするエクササイズを行います。
歯を削って白くする作用をする研磨剤の入った歯みがき粉は、どちらかといえば必要とされていないアイテムですが、歯が再び石灰化するのを助けるという事はプラスの力となります。
適応可能な範囲がとても大きい歯科で使われるレーザーは、種類も多くて、これ以外に様々な医療現場で採択されています。今後一層の期待が高まるでしょう。

口角炎のきっかけの中でもかなりうつりやすい環境は、親子同士での感染だと思われます。どうしても、親の愛情があって、始終近い状態にあるのが最大の原因です。
審美歯科では、表面的なキレイさだけでなしに、噛み合わせや歯並びについての修整をし、その所産として歯牙が持つ本来の美しさを取り戻すということを探っていく治療の方法なのです。
例えば歯の噛み合わせの異常の中でも特に前歯が何度も当たってしまう場面では、歯を噛みあわせる毎にストレスが、上顎の骨の前部や鼻骨にダイレクトにかかってしまいます。
広い歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間には、汚いプラークが入り込みやすく、そこでたまった時には、ハミガキだけしたのでは、残念ですが完全に取り去るのは不可能です。
義歯に対して想像するマイナスイメージや先入見は、本人の歯牙で噛んだときの使用感と比較するがために、増幅してしまうのではないかと推し量ることができます。